仕事の考え方が変化して働き方の自由化が進んでいるのは何故?

仕事

仕事って、正社員にならないと将来が不安だとか言われますが、

みなさんはどうですか?

正社員じゃないと将来が不安…と考えている人は多いと思います

 

しかし、昔よりも転職する人や自由な仕事が増えたと思いませんか?

 

何故なのかを考察していきます。

 

スポンサーリンク

何故正社員にこだわらない人が増えたのか?

企業側が長期的に雇ってくれる保証がない

大企業であっても傾く時代です

リーマンショックで職を失った人が多くいますけれど、大規模なものでなくてもリストラはあります

 

それでも企業の上層部が、長期的なキャリアの形成とかなんとかいって

年功序列な昇進・昇給制度を採用しているところはまだまだ多いです

 

昔のように長期的にキャリアを積めて、

将来を確約されている時代ならよかったですが

給料の上がらないうちにリストラされる危機もあります

 

日系企業の特長ともいえますが、

実際仕事してみて社内の体制に絶望する方も多いかもしれません

 

「副業解禁」で視野が広がったから

各企業で、徐々に副業がOKとされてきています

今までは「すべての労力をうち(一企業)につぎ込め!」と言わんばかりに副業を禁止している企業が多かったですが

 

今後、年金が老後に出ないんじゃないか問題などもあり、

本業だけでなく、副業にも力を入れて収入源を増やそうという人が増えています

 

視野が広がることで、考え方も変わってきます

仕事がルーティーン化している人には刺激にもなりますね

 

雇われることがすべての時代ではなくなったから

昭和の時代は「24時間戦えますか」って歌いながら栄養ドリンクを飲む強烈なCMが流れてたぐらい、サラリーマンが仕事こそすべて!! 残業は正義!!って感じだったらしいです

ばかなこと言ってんじゃないよって張り手してやりたいですね

 

仕事に対する考え方は平成で大きく変わりました!

サービス残業や過労に対して厳しく取り締まったりして

若者をメインにじょじょに考え方は変わりつつあり、

 

YouTubeクリエイターになりたがる子供も増えてます

彼らは雇われているわけではないので、安定志向よりも自分のやりたい夢をかなえたい若者が増えています

 

働き方の選択肢が増えているわけですね

 

仕事以外のことに生きたい!

正直わたしは仕事に誇りをもてないタイプです

趣味:仕事 は考えられない。

 

仕事にやりがいや達成感は感じても、仕事は仕事

プライベートとは切り離したいし、お金にならない時間外活動はしたくない派なのです

 

むしろ趣味とか生活のためにしぶしぶ仕事してる感じです

 

私のように、

仕事はスイッチを切り替えて、生きるための手段として

趣味やプライベートの充実を、生きる目的として

考えている人も増加傾向にあると思ってます

 

実際に、仕事も雇われではなく個人事業主として働いてるので

自由化や人びとの理解が広がっていくのは純粋に嬉しいんです

 

いい時代になってきましたよね!

 

しかし、クリエイターやフリーランスの人は

失業保険も傷病手当も育児休暇もありません

病気や怪我に備えるためには自分で保険に入るしかないんです

 

なので、フリーランスでも安心して仕事ができるように

保険組合とか、増えたらいいのにな~って思います

コメント

タイトルとURLをコピーしました