声優になるにはどうすればいい?声優志望の最短の道ってどこ?

声優を目指す人は必見 仕事
スポンサーリンク

声優になるためにはどうすればいい?

  1. 声優科のある専門学校に行く
  2. 事務所付属の養成所に通う
  3. 一般公募オーディションを受ける

1、声優科のある専門学校に行く

高校卒業後、そのまま声優科のある専門学校にいく人が多くいます。

特に有名なのが、アミューズメントメディア総合学院や、東京アナウンス学院などです。

アミューズメントメディア総合学院は、
柿原徹也さん、羽多野渉さん、小林裕介さん、山下誠一郎さん、加藤英美里さん、伊藤かな恵さん、三宅健太さんなど。

東京アナウンス学院は、
寺島拓篤さん、杉山紀彰さん、大久保瑠美さん、佐藤聡美さん、保志総一朗さん、細谷佳正さん、増田俊樹さん、三上枝織さん、山口勝平さん、ゆきのさつきさんなど。

そうそうたるメンツが卒業し、第一線で活躍されています。

 

専門学校は、卒業時に、事務所オーディションを受けることになります。

都内の場合は、50社以上のプロダクションオーディションを受けることができるので、より待遇の良い事務所を選ぶこともできます

行きたい事務所が決まっていないけど、とりあえず声優の勉強をしたい!という場合は特にお勧めです。

 

2、事務所付属の養成所に通う

声優事務所は、事務所運営と同時に、養成所を持っていることが少なくありません。

専属の養成所であれば、「事務所の人に目をかけてもらいやすい」です。

なぜならば、事務所が運営しているため、マネージャーがレッスンを見にくることもあるから。都内であれば、より機会が多くなります。

事務所のカラーに合う人間を常に探しているので、行きたい事務所が決まっている人は付属の養成所に入ることをお勧めします

 

3、一般公募オーディションを受ける

有名なものだと、大手声優事務所の81プロデュースが毎年8月1日に開催している81オーディションですね。こちらは、優秀者には81プロデュースへの所属の権利が与えられたり、賞によってはアニメ出演が決定したり、ラジオ番組などに出演できたりします。

斉藤壮馬さん、江口拓也さん、大久保瑠美さん、西山宏太朗さん、駒田航さん、上田麗奈さん、髙橋李依さんなど。

受賞された方は、軒並み81プロデュースに所属し、売れっ子の声優さんになっています。

 

また、まれに、作品が大々的に主演声優を募集していたりもします。最近では、ラブライブ!が新シリーズのメイン声優を募集して話題になりましたね。

どちらも、書類選考、実技選考を受けて、通過する必要がありとても狭き門ですが、倍率を勝ち上がれる抜きんでた才能を持っている方にはお勧めです。

 

声優を目指すにあたって、最短の道は?

どれも難しいが、一般公募オーディションが最短

確率や倍率をおいておくと、最短なのは一般公募のオーディションです。

なぜならば、大人の目に止まるから。

マネージャーの目に止まることで、「あの子はこの役が合ってるな」「この役はあの子ができそうだな」と、役のオーディションが回ってくることが多くなり、デビューの機会が格段に増えます。

専門学校や養成所では、勉強段階の人たちが数多くいるため、マネージャーが見に来てくれる機会は滅多にありません。

サンプルボイスの出来がとっても良くて、声がかかることがあるかも?というぐらいです。

 

しかし、すでにデビューしている声優を抱えている多忙なマネージャーたちが、レッスン生に仕事を回すのか? と考えると、可能性はとても低いです。

 

でも、声優には技術が必須!

声優になるにはとにかく技術が必要です。

アテレコするにしても、キャラの心境・姿勢や環境・口パク・相手に合わせながら、全力の演技をして、演出のレクチャー・要望にも応えて・・・と、やることが盛り沢山。

 

声優は、技術がなければできない仕事なんです。

 

そのため、81オーディションで受かった人も、一年は付属養成所で経験を積みます。

もっと学びたい人や、力量によっては数年通うこともあるのだとか。

 

抜きんでた才能がない人、不安な人、まずは基礎からしっかり学んで行きたい人は、

しっかりと基礎を教えてくれる専門学校・養成所に通うのが一番の道でしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました