派遣事務・データ入力の面接必勝法!派遣で仕事を確実にゲットしたいなら抑えるべき3つのポイント

仕事
ハム子
ハム子

私は前職まで5年間、派遣事務で生計を立てていました

 

派遣先は掛け持ちしたり、短期のものも受けていたので、面接は15社以上受けてきました

書類審査に合格して対面面接の合格率は90%超えです

 

そんなハム子が派遣事務の面接必勝法をお話します

 

この記事でわかること
  • 派遣事務の面接必勝法
  • 実際に面接に合格してきた経験談
  • 面接でどうしても緊張してしまう人へのアドバイス

 

スポンサーリンク

派遣面接の必勝法

  1. 派遣元の営業マンと仲良くなる
  2. 第一印象は最初の3秒で決まる
  3. 面接中は「ニコニコ&ハキハキ!」

 

①派遣元の営業マンと仲良くなる

絶対に受かりたいならやるべきです

派遣の面接は、担当している営業マンが同行してくれます。

 

派遣の営業担当は、司会進行役を務めてくれるので、

面接前に集合して打合せするときに、どんな質問をするかも教えてくれます。

 

あとは採用決定を促す役割を担っているので、

派遣先が迷っていたら一押ししてくれます

 

ハム子は『担当者の一押し』で仕事が決まった経験があります

とあるIT会社の面接当日、

仲良くなっていた営業担当に、「もう何人か受けられてるんですか?」と聞いたところ、

「人気の仕事で、ハム子さんの前にも何人か面接受けられてます」と言われました

 

ハム子
ハム子

何人も受けてるけど受かるのは一人だしな…

まあ、自分らしくやればいいや、と面接を受け帰路についていると電話が。

面接の結果を聞きに戻った担当者からで、なんと採用決定の電話でした。

 

「先方の好感度もよかったので、僕もハム子さん押させてもらったら、決まりました!」と。

 

 

ハム子
ハム子

面接担当と仲良くすることも大事やな…と実感したエピソードです

 

営業担当と仲良くなるためには?

基本は面接当日、30分前に集合して打合せです

ほとんど初対面かつ時間が限られているので、簡単な方法をご案内します

  • 移動中に世間話を振る
  • 業務について談笑しながらたくさん質問をすること
  • あえて「緊張してるんですー」と口に出すオススメ!

「緊張してるんですー」は結構効果的です。

相手は営業職の方なので、緊張をほぐそうとうまくコミュニケーションを取ってくれます!

ハム子
ハム子

「実は僕もです…(笑)」と返されたときは二人で笑ってしまって、緊張もどこかに行きました(笑)

 

②面接において、第一印象でほぼ採用が決まる

第一印象は3秒で決まるといわれています。

あなたも、出会って間もない人を評価するときは無意識に第一印象で決定しています。

 

そのため、気を付けることは

挨拶はしっかり相手の目を見て微笑みながら

これだけです。

これ以上、言うことないです。笑

 

時間を守るなど、最低限の礼儀ができていれば、ちょっと微笑みながら挨拶するだけで印象付けることができます。

 

③面接中は「ニコニコ&返事だけはハキハキ!」

面接直後に連絡がきて、笑顔が採用の決め手でしたって言われたこともあります。

それぐらい初対面において、笑顔は大切です。

 

あとは、『返事だけは』ハキハキと答えること!

 

「はーい」

と間延びした返事をする人と、

 

「はい!」

とハキハキ答える人、どちらが真面目で誠実そうに聞こえるでしょうか?

 

面接は「この人真面目そうだな、ちゃんと仕事やってくれそうだな」、と思わせたら勝ちなんです。

 

「緊張しても噛んでもいい!返事だけはハキハキ!笑顔は絶やさない!」つもりで挑みましょう

 

ハム子は、「はいっ」と元気よく返事したら、何の質問をされたかが飛んでしまって、

絶妙な間の後に「えーーっと…」と面接官の顔を見つめ

面接官と営業担当を笑わせたことがあります…

 

ハム子
ハム子

その面接は笑いのパワーか合格しましたww

 

笑顔ってすごいですよ。

 

派遣の面接でどうしても緊張してしまう人には

家で一人で面接の模擬練習をしてみましょう

緊張は基本的に、準備不足からくるものです。

面接は自分をプレゼンする場ととらえて、ある程度自分のことを話せるようになっておきたいところです。

 

派遣社員の面接では、話すことは大体決まっています。

  • 今までの経歴を説明してください
  • 前の仕事を辞めた理由は?きっかけは?
  • どうしてうちを選びましたか?

これぐらいは最低限話せるようになっておきましょう。

 

経歴は、自己紹介の一環で行われます。

「まずは名前と年齢を言ってから、経歴を順番に話してください」と言われることがほとんどです。

渡された経歴の紙を見たまま喋れるところもありますが、できれば自分の経歴は見なくても話せるよう、要点をまとめておくといいです。

 

「現職は2018年4月からIT業界で営業事務です。

業務内容は電話対応と書類作成をメインとして、

営業の業務管理もしていました。10月末退職予定です。」

といった感じ。要点のみで構いません。

 

 

ハム子
ハム子

いざというときに余裕ができますし、練習するほどに口も回るようになるので、面接官にもプラスに受け取ってもらえます!

 

よく聞かれるのは「なぜ辞めたか」

人を雇用すると考えると、すぐ辞めてしまう人よりも、ある程度長く勤めてくれる人にしたい…と考える人が多いです。

派遣一人を雇うのに30万円ほどかかるので、会社としては辞める理由を重視してるんです。

 

そのため、辞めた理由をうまく説明できるようになると強いです。

説明も、言い方ひとつでうまく受け取ってもらえるようになります。

 

自己都合で、ルーティン仕事に飽きて退職した場合でも、

 

「同じ仕事ばかりで飽きてしまったので…」

 ↓ よりも、

「よりスキルアップできる環境に身を置きたくて」

 

の方が、なんとなく印象がよくありませんか?

 

言い方を研究すると、より良い印象を与えることができます!

 



 

『メール返信のみ』のデータ入力派遣の仕事内容。経験談からお話します
ハム子です! 私は営業の仕事を経験したあとは、派遣として事務をいくつも経験してきました ハム子 中でも向いていたのが「データ入力」でした 今回はメール返信のみのデータ入...

コメント

タイトルとURLをコピーしました