光回線のアポなし飛び込み営業してた話。外回り営業必須アイテム3選!

仕事

高校に入ってすぐからアルバイトをはじめて、アルバイト3つ掛け持ったり、派遣と派遣を掛け持って副業っぽく働いてみたり、結構いろんな仕事をしてきましたが、

一番印象に残ってるのはアポなしで光回線の飛び込み営業をしていたことです

 

なかなか経験されたことがないと思うので、今回は飛び込み営業についてお話しようかなと思います。

 

  • どんな仕事なのか?
  • どうやってオススメして売っていたのか?
  • 怒られたり怒鳴られたことはあった?
  • 仕事はキツかった?
  • どんなスケジュールで動いていたのか?

といった疑問にお答えしていきます!

 

スポンサーリンク

「アポなし飛び込み営業」ってなに?

アポなし飛び込み営業とは、アポイントメント(予約)も取らずに、突然営業先に飛び込むこと。

おうちの玄関に、「セールスお断り」ってステッカーが貼られているの見たことありますか? あの突然訪問してくるセールス全般のことです。

昔は営業といえば飛び込みだ!と言わんばかりに横行していたみたいなんですが、昨今ではネットの普及によって飛び込み営業自体が減ってきてます。取り締まりも厳しくなっていますね。

 

光回線って?

ネットの回線のことです。

私は大手であるN〇T光のネット回線を訪問販売してましたが、今では各種携帯キャリアも光回線を打ち出したりしていて、種類もたくさんあります。

 

どうやってオススメするの?

訪問してお話を聞いてくれそうだったら、現在ネットに支払っている金額や契約内容を教えていただいて、お客さんにとってメリットがありそうだと判断したらどれだけメリットがあるのかを提案します!

もちろん門前払いされたり、決定権のある旦那さんが在宅していなかったりもするので、全員に営業するわけではないです。

セールス=悪徳なイメージが私もありましたが、

契約すればメリットがある方にご説明する形で提案していましたので、悪徳な方法などで契約をもぎ取ったりはしてませんでした

 

たとえばADSL回線を使っていた場合

たとえば、昔からあるお宅はADSL回線といって、固定電話回線を使ってネットをつないでいる方が多いんです。

ADSL回線は、電話しているときはネットがつながらなくなるし、重課金制というネットを使った分だけお金がかかる方法で契約している方が多かったりと、とにかく速度が遅くて金額も高いんです。

それはもったいないということで、「光回線に変えると、金額もこんなに安く、速度も速くなりますよ」と提案してました。

 

当時はプロバイダのキャッシュバック戦争がすごかった

プロバイダって?

プロバイダは、家に固定のネット回線をつなぐ上で、別途契約が必要になるものです。

わかりやすいところでいうと、パソコンのアドレスの「@以降」に書かれているのが、使っているプロバイダです。OCNとか、plalaといったプロバイダ会社の中で、回線に対応していれば自分が使いたいところを自由に選ぶことができます。

ケーブルテレビなどプロバイダ料金込みになっている会社もありますが、私が販売していたN〇Tの光回線の場合は別途契約が必要になりました。

 

キャッシュバック戦争って?

プロバイダは、対応していれば契約するところを自由に選択できるんです。

月額はプロバイダ会社によってまちまち。500円のところもあれば、1200円のところもあります。

月額を抑えたい人とか、メールアドレスにこだわりたい人以外は、当然どこでもいいから迷いますよね。そこで当時はプロバイダ会社が「自分のところを使ってもらおう!」とキャッシュバック戦争(契約後、一定の条件を満たすとお金や商品券がもらえる)をしていました。

「月額900円の契約をしたら2ヶ月後に3万円もらえるのでおトク!」といった具合で、キャッシュバックを餌にして契約してもらおうというものです。携帯電話と同じで〇年縛りなど条件はありますが、お得に契約できたんです。

当時はどこで契約すればいくらキャッシュバックされるか、いかにお得かを頭に叩き込んでましたw

 

飛び込み営業はどんなスケジュールだった?

9:00 出社・朝礼

平日は9時出社、土日は12時出社でした

9:10 その日の回る地域のリストを作成

現在使っているであろうネット回線(光をオススメできる遅い回線や金額の高い回線)から、回るお宅が多い地域のリストを人数分作ります

9:30 グループで車移動(二時間半ほど)

地域によって違いますが、移動には2時間~3時間かかっていました

11:30 移動先や道中でお昼ご飯

お昼ご飯代がかさみます…

12:00 一人一人担当地域に下ろされ、歩いて訪問開始

距離にして1日平均10kmほど歩いて、10~20件を訪問します

旦那さんが帰宅される夕方にアポイントメントを取って2度目の訪問をすることも

20:00 車で回収してもらう

リーダーに連絡して、車で拾ってもらいます

その日の契約件数を報告するので、車の中が静まり返ることも…

22:30 帰社(契約によって書類を作ったりする)

契約が二件取れていたら、ここから書類を作成して事務方に提出したりするので、バッタバタです。契約を取った方から、「やっぱりやめる」と電話がかかってくることも。

23:00 軽く明日の打ち合わせをして帰宅

明日はどのあたりの地域に行くか、簡単にグループで打ち合わせて帰宅です

毎日、帰宅したときには日付を超えてましたね

契約件数によっては、会社を出るのが日付を超えることもままありました

 

これで残業代は出ません。鬼スケジュールです。

 

契約は取れてたの?

1日泣かず飛ばずの日もあれば、1日で2件契約を取れたり。

当時20歳の小娘だったので、若い新卒の娘が東京からこんな田舎に来させられて大変だね…と哀れんでで契約してくれた方もいました(ありがとうございます…)

 

契約自体は、月に10件ほどが平均的な数字でした

これはなかなかの成績らしく、派遣で来ている中年男性二人組の営業マンが半年間0件だったと聞いて……衝撃でした。

 

契約件数で給料が決まる「歩合制」だった?

社員さんは、固定給にプラスして契約件数によるボーナスがあったみたいですが、

私は出向先だったので、とってもとれなくても関係ありませんでした!

 

怒られたり怒鳴られたりした?

しました!!笑

一喝されてバーンとドアを閉められることもありましたし

1時間ずっと玄関先で説教食らったこともありますw

 

私は女性なのもあるのか、そこまで頻繁ではなかったですが、男性の同僚は警戒されて怒られることが多くて話しもできないと悩んでいる時期がありましたね…

 

仕事はキツかった?

拘束時間がキツい

このスケジュール、おかしいと思いませんか…?

9時に出社で0時に仕事終わる日があるんですよ

ブラック企業にも程がありますよね。営業って、こんなブラックなところばかりではないと思うんですが、訪問販売とかガチガチの体育会系の営業職って、こういうところが多いような。

体力的にキツい

毎日平均で10km強歩きっぱなしでした。日によっては15kmを超える時もありましたね

体力が着くまでは、毎日足が筋肉痛で動かなかったです笑

 

自然がキツい

暑い日も、うちわで仰ぎながら陰のないカンカン照りの田んぼ道を歩きましたし、

土砂降りの中でも、スーツにパンプスで田舎の上り坂や山道を歩いてました(遠い目)

スーツにパンプスは、田舎には不向きすぎます…

 

「外回りの営業」自体は環境によってはオススメできる

営業って一人になってからは自由なのでそこまでキツくはなかったです

仕事さえしていれば自由だった

訪問先の家から次の家まで歩いて1時間かかるときは、曲を聴きながらとか、家族と電話しながら歩いたりしました

契約が取れた後はファミレスで涼むこともありました…笑(各担当地域が遠かったからできたことなので、誰かに見つかる危険がある人はマネしちゃダメです!)

「都度休憩取ってね」とは言われていて、暑い日は「コンビニとかで涼んで」と声もかけてもらえましたし

基本はやることやってれば自由だったので、なかなかよかったです

一人が好きな人には外回りの営業はオススメです!

 

外回り営業の必須アイテム3選

動画視聴サイト

サボってるわけじゃないですよ!w

移動や待機時間が多く、とにかくずっと一人でいるので、暇をつぶせるものはあった方がいいです。

  1. Amazon Prime Videoオススメ
  2. U-NEXT
  3. FOD

 

Amazon Prime Videがダントツでオススメ!

とにかく作品数が多く、更新頻度も高いので、飽きることはないです。

Amazon Prime Musicも併せて聞き放題になりますし、Amazonの配送サービス「お急ぎ便」などもタダで使えるようになります。

営業は仕事柄、家にいない時間も多いので、時間指定で配送してくれるサービスはありがたいですよね。

無料お試ししてるみたいなので、まだ登録していない方は一度チェックだけでもしてみてください。

公式サイトはこちら

 

ポーダブル充電器

移動中に動画を見たり、歩いているときに音楽を聴いたり、グーグルマップを開いたり、どんどん充電はなくなっていきます。

連絡ツールとしても必須アイテムのため、携帯を見ていたら電池が切れてしまったなんてことがあると、合流できず帰ることができなくなります

とにかく必須アイテムなので、常に満タン状態にして携帯しておきましょう。

とにかく軽くて大容量の充電器。災害対策としても持っていて安心です。

コンセントが折りたたみ式になっていて、楽に充電できる安価なものもあります

 

日傘・雨傘兼用の折りたたみ傘

夏場の陽射しにも、急な豪雨にも対応できます

男性は日傘を持つという概念はないかもしれませんが、雨用としても使える折りたたみを1本持っておけば、日照りに出くわしても後悔しないでしょう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました